茶葉専門店 茶sasa茶

茶葉専門店 茶sasa茶
埼玉県秩父郡小鹿野町 天空の茶畑

2017/02/13

ハニーブッシュのご紹介



ルイボスはよく聞きますよね、本日はハニーブッシュをご紹介いたします

ハニーブッシュはルイボスティーと同様、南アフリカが原産のハーブです。ハーブですのでノンカフェインです。

ハニーブッシュはマメ科の植物です。

主に鉄やカリウム、亜鉛やマグネシウム、イソフラボン、エストロゲン等の豊富な成分を含んでいます。


中でもイソフラボンやエストロゲンは”大切な女性ホルモンです。女性には欠かせない栄養成分です。

そして鉄や亜鉛などの成分もそれぞれ含まれております。


他にも抗酸化物質であるポリフェノールであったり、イソフラボンやキサントン等上記に挙げた以外にも多数の栄養成分を含んでおります。

ハニーブッシュは手軽に摂取できるハーブティーです。

ハニーブッシュはノンカフェイン飲料のため、就寝前に飲んでも安心です。


また、前述したようにノンカフェインで低タンニンと、妊婦さんはもちろん赤ちゃんからご年配の方、あらゆる年齢の方が安心してお飲みいただけるハーブティーです。


また、味もさっぱりとして飲みやすいので、ホットでもアイスでもお飲みいただけます。

レモンも入れてレモンティーのように、またミルクを入れて、ミルクティーでもお飲みいただけます




2017/02/02

冬のブレンドティー

色の濃い茶葉は体を温めます
冬を温かくする茶sasa茶の冬のブレンドをご紹介いたします

インドのニルギリ紅茶にジンジャーをブレンド
紅茶にショウガの温かさをプラス、温かさプラスです
朝いちばんの目覚めの1杯にぴったりです。
ストレートでも、ミルクティーでも美味しくお飲みいただけます

もう1つのブレンドは低カフェインのプーアールジンジャー
中国のプーアール茶はカフェインがほとんどありません
プーアール茶は血液循環にも良い影響があります。
色の濃い癖のないプーアール茶にジンジャーをブレンド
カフェインも少なく冬の夜のお茶として、
温かいプーアールジンジャーとお過ごしください
ミルクを淹れていただいても美味しいです。

2016/12/23

2016年福茶袋販売いたします

気が付くと今年もあとわずか

茶sasa茶はの店主は、足の疲労骨折から始まり、関節の変形などで歩けなくなったり、高熱を出したり、いろいろとあった年でした。

先日とあるお客様より福茶袋はないのですかとお問い合わせをいただきました。
今年はほとんど動けず、何をしてもバタバタとなり、皆様のお力を借りて1年を過ごしておりました。
茶葉屋もやめてしまおうかとまで思っておりました。

そんな時、福茶袋のお話をいただき元気になってまいりました
今回もしっかりと福茶袋を作ってまいります
 新年5日より販売いたします。詳細はホームページにてお知らせいたします。 よろしくお願いいたします。




2016/11/23

プーアールのご紹介

急に寒くなりました
明日は雪が降るとか?まだ11月なのですが・・・
秋なのですが冬の寒さ
このようなときには色の濃いお茶を飲みましょう
ほうじ茶、紅茶、プーアール茶など・・・

本日はプーアールについて・・・
 体が温かくなるほかに
 プーアールにはミネラルが多く含まれています。
 プーアールを常飲すると血圧が下がり、血液循環がよくなるといわれています。
 そして快眠、便秘、花粉症などのアレルギーなどの改善にも効果があるといわれています。

原産地は中国、老樹が残る雲南省の西双版納、普市、臨倉市が主な生産地域です
しかし雲南省の国境に隣接する、ラオス、ミャンマー、ベトナム、タイにもお茶の老樹が残っており、プーアル茶が作られています。

美味しい質の良いプーアール茶を飲みましょう


2016/10/16

風邪防止には紅茶でうがいをいたしましょ


お茶の効能は多々言われておりますが
これからの季節気になるのが
風邪の感染予防、インフルエンザの感染予防ではないでしょうか

そこでちょっと紅茶の効能のご紹介をいたします
風邪は万病のもとといわれております。
確かに、たかが風邪とされど風邪、油断すると大変なことになることもあります。
そこで注目されるのが紅茶の効能です。薬効とまでは言えないかもしれませんが
紅茶には風邪やインフルエンザなどののウィルスの活動、増殖を抑える
働きがあるといわれています。
紅茶の中に含まれるテアフラビンの働きによるものといわれています
A型、B型などウィルスの種類に関係なく作用し、即効性があるといわれています。
また細胞がウィルスに感染してしまってもその増殖を抑える働きがあるともいわれています。
ただし、紅茶にミルクを加えると、テアフラビンがミルクのたんぱく質と結びついて、
この作用は弱まってしまいます。くれぐれもストレートでお飲みください。
また、紅茶の抗ウィルス作用を市販のうがい薬と比較したデーターがあるようですが
予想以上に紅茶に効果があることがわかりました。
出がらしの紅茶で十分効果があります、
風邪やインフルエンザが流行する冬場は、
外出前や帰ったら後に 紅茶のうがいがおすすめです。

2016/10/08

秋のお茶しましょ

毎日少しづつ寒くなって来ています。
そしてそれとともに温かいお茶が恋しくなる季節となって参りました。
そこでこれからの、お茶のおすすめのをご紹介させていただきます

まず朝のめざめには温まり、スッキリする一杯の美味しい紅茶                                                                                                          
                    ダージリンセカンドフラッシュやヌワラエリアがおすすめです

午前のティーブレークには台湾茶の東方美人がおすすめです
烏龍茶のなかまです
茶葉は蜜のような自然の甘さを持ち、紅茶のようにしっかりとした水色。体も暖まります。

お昼のあとにはほうじ茶またはインドのニルギリでさっぱりとお口直しを。

午後のちょっと小腹のすいたティーブレークにはアッサムや、ドアーズ、またはチャイミックスなどでしっかりいれたミルクティーを

夜にはカフェインの少ないプーアール茶で体を暖めて。

お茶は風予防にもなります。
お茶をたくさん飲んで心と体に潤いを。

2016/10/01

茶葉専門店  茶sasa茶 新しい夜明けです

昨年より足のことでいろいろと難解なことがありました。
今年はまだ引きずっておりますが、
左足の疲労骨折

寝ることも起きることもとても痛く、
それでも何とか仕事をしていました。
でも満足な仕事はできませんでした。
日にちだけはむなしく過ぎていきました。

しかし本日2017年10月1日

少し新しいことを起こす良いときではないかと
風を吹き込ませていただきます

さあ何をしようかと・・・
今週はほとんど起きられずねて過ごしました
その間に見つけたのはラインのアプリ ライン@です

本日よりメッセージ配信いたしまし
皆様応よろしくお願いいたします。